top of page

Moonscape開発日記#1- 建物と機能パート1



レイディーズ・アンド・ジェントルマン、そして地球外生命体の皆さん、Moonscape(ムーンスケープ)の開発日記へようこそ。ここでは、ゲームの機能や最新情報の共有、そしてエキサイティングなレトロな世界「Moonscape」では何がどのように機能しているのかを説明します。


まずは基本的な事から説明させて頂きます。建物とその機能です。


初めてゲームを起動すると、自分のローバーが何もない状態の基地の隣に現れスタートします。そして基地を表示されている場所で建設するかどうか確認メッセージが表示されます。その要求を受け入れると、すぐに新しい自分の都市が現れます。

※注意:後の記事でご紹介する「Moondust」は開発中のものであり、最終的なリリースではいくつかのディテールが変更される可能性があります。



街と建物

各都市には5つの空きスロットがあり、アカウント1つにつき、合計3つの都市が存在します。各都市には、合計8種類の建物が用意されており、その中から好きなものを選ぶことができます。


8種類の建物のうち7種類には、DeFi機能とゲームプレイ機能の2種類の機能が搭載されています。DeFi機能とは、ゲーム内でプレイした時間に応じて報酬を得ることができる機能、Play-to-Earn(P2E)と呼ばれているものを指します。ゲームプレイ機能では、防衛や資源採掘など、都市のさまざまな側面を向上させることができます。この機能は、あなたの「帝国」を成長させるためのものです。


さらに、デュアル機能のパラダイムの外側には、追加の建物があります。それが「Construction Complex(コンストラクション・コンプレックス)」です。この建物では、非常に有用な資源である「Moondust(ムーン出すと)」を手に入れることができます(詳細は後述します)。





各建物の機能

それでは実際にどういった機能が各建物にあるのかみていきましょう。建物名、DeFi機能、ゲームプレイ機能の順番で記載していますので、下記リストをご確認ください。



トランザクション・スクエア―:単独トークンステーキング - ローバーで探索

ザ・リファイナリー:NFTステーキング - 街を守る

インダストリーインク:単独トークンステーキング - 資源集め

パワープラント:NFTステーキング - 資源集め

⑤リソースコープ:LPステーキング マイニング探索

⑥アセットミル:LPステーキング - ローバーで探索

⑦キャピタルフォージ:LPステーキング - マイニングリサーチ

⑧コンストラクションコンプレックス:MSCPをバーン - Moondustの為にNFTをステーク


建物名:DeFi機能 - ゲームプレイ機能



お気づきかもしれませんが、いくつかの建物には同じ機能があります。その理由は、その機能すべて手に入れるために、何度か建設する必要があるからです。例えば、5つの単独ステーキングプールがあり、それぞれに異なるトークンが用意されているとします。それぞれに異なるトークンが設定されている場合、それぞれのプールにステークするためには、「単独トークンステーキング」機能を持つ建物を5回建設する必要があります。


それぞれの機能がどのように機能するのか等の情報はまたお知らせ致しますので、楽しみに待っててくださいね!皆さんがどのようにプレイするのかが非常に楽しみです。


閲覧数:102回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page